1万人、労災認定基準である年間5ミリシーベルトを超す 福島第一で被曝の作業員

⇒ 福島第一原発事故後の白血病の労災認定基準「年5ミリシーベルト以上」の被曝者 約2万人の内の半数

⇒ 9640人、白血病労災基準超す 事故直後、年5ミリシーベルト

⇒ かつては日本でも「年間1ミリシーベルト」を超える場合、「避難・移住の権利」が認められていた。













対米「独立派」対「従属派=植民地派」  原爆と秘密結社 デイビッド・J・ディオニシ etc…

⇒ 池田整治氏いわく、「右」対「左」、あるいは「自民」対「反自民」ではなく、戦後一貫して、対米からの「独立派」対「従属派=植民地派」という構図が真相 etc…

⇒ 明治維新の真相



⇒ 改ざんの日本史 長崎原爆投下の真実



⇒ 米国の国立ガン研究所(NCI)がマリファナ(大麻)の抗癌作用を正式に認める













麻では、痲れない、痲痺しない

痲れるや痲痺するという意味では、本来、植物の麻という字が使われる事はなく、麻には麻酔や麻薬としての薬効作用なども、ほとんどなかったようです。

⇒ 麻は麻薬ではなかった!

⇒ 大麻と麻薬の「麻」の文字は本来違っていた!













シリア政府軍が停戦の“終了”を宣言 etc…

⇒ 米軍の空爆によるシリア政府軍の死者80名

⇒ 米空爆でシリア兵90人死亡

⇒ Syria army declares ´end´ of ceasefire


⇒ ウイグル地区の現地住民19万人~129万人が放射能関連の障害に… 当時のシルクロードブームで84万人が現地へ観光に訪れたらしいです。













悪魔主義の兆候(しるし)とは

意外と身近にあっても気づかないような、悪魔主義の兆候(しるし)などがあるらしいです。

⇒ アップルのロゴは、サタニズム!?

⇒ 世界的秘密組織と日本のつながり

⇒ ロゴマークに組み込まれた数字













エネルギーやバッテリーとしての水

電解質を高めたり、より効率良く電気分解ができるようになると、水からできた水素や酸素の混合物などを、燃料やエネルギー、バッテリーなどとして利用する事が可能になるようです。

⇒【動画】夢の水素発生システムPEGS

⇒【動画】酸素・水素ガス(OHMASA-GAS)

⇒【動画】水の燃焼実験

⇒ R水素の基礎知識


# メモ













真空状態の宇宙空間による放熱の遮断

太陽からの輻射や地核から地上へ伝わる熱エネルギーなどは、真空状態の宇宙空間によって、そのほとんどの放熱が遮断されるはずなのでは?という謎 etc…。

⇒ 地殻のヒートソース

⇒ 熱を逃がさない真空の壁













空気や水などの分子の謎 etc…

・物質のエネルギーは、固体<液体<気体の順で高くなる。

・空気の主成分(酸素や窒素など)の分子の質量(エネルギー)は、水の分子の約400~800分の1程度のようです。

・月面において、「重さ」は地上の約6分の1に大幅に減少するが、「質量」の場合は地上と変わらず一定であると、一般的にはいわれているけれども、実際には、月面での物質の「重さ」や「質量」の計測などは、不可能であるはずです。


⇒ 空気の質量は、水の400分の1 東京ドーム1杯分の空気の質量は、31トン

⇒ 水の質量は、空気の約770~788倍

⇒ 分子のサイズとしては、水は3Å、酸素や窒素は4Å程度

⇒ 質量と重さ


# Globe Earth vs. Flat Earth(球体地 vs. 平面地)













公約党 vs. 反公約党 etc…

⇒ 沖縄の在日米軍基地の返還要求とは

⇒ 山羊や牛などが、仲間として有効らしいです。

⇒【与野党二役】公約党 vs. 反公約党 # 動画


⇒【人間の鎖】人質の盾としてのシリア人

カダフィーの真実の場合と同様に、アサドは悪くないと思います。

⇒ Assad blamed by HRW

⇒ Ken Roth’s Twitter Lies


⇒【命の大切さ】ひよこなどが、エサや生き餌として使える大きさになる前までの間は、ふれあい動物として使用できる。…


⇒ 使徒言行録 17 :22 … # 動画













三権分立ではなく、三権談合による、官僚や日米合同委員会、米軍主権の仕組み

日本の三権分立は、名目上だけでしかなく、実際には、三権談合によって、官僚や日米合同委員会、米軍などが主権の植民地支配のような国家体制になっているともいえます。

⇒ 欺瞞の三権分立

⇒ 日本国は三権分立ではなく三権談合である。その中心に官僚と日米合同委員会がある。…

⇒ 日本の三権分立はヤラセだった事を元最高裁事務総局の裁判官が暴露



486_n.jpg















あなたもブログを書いてみませんか。ブログ無料レンタルのコミュー