comuu wordpress は5月末でサービスを終了します

ウィルソンの霧箱

放射線によってイオン化された空気分子が核となることで発生する、蒸気の凝結(結露)作用を用いて荷電粒子の飛跡を検出するための装置を、1897年にチャールズ・ウィルソン(Charles Thomson Rees Wilson)が発明。 etc…

⇒ 霧箱の原理

⇒ 霧箱の作り方

⇒ レントゲンとX線のリスク意識 改訂版 放射線が危険?!













Leave a Reply



あなたもブログを書いてみませんか。ブログ無料レンタルのコミュー